離婚すると、浮気していた側は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。
倫理的に言うとそうかもしれません。ただ、裁判所は違う考え方をします。
基本的に親権というのは、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、子供を育てることに協力的だったかどうかなどを考慮します。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかを重視して判定するのです。
探偵社の調査代金の決済(支払い)方法は、比較的大手事業者であればクレカ払いや分割払いOKという業者もあります。
一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、費用面が心配というときは、このような精算方法に対応している業者を見つけるといいのではないでしょうか。過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。ただ、最近はインターネットがあることですし、まともな会社かそうでないかは利用者の口コミなどを見ればわかると思います。
安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高いばかりで品質が伴わないところに依頼するというのも馬鹿げています。
結局のところ、品質と料金が釣り合ったところであれば、あとで後悔することもないでしょう。
もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、業者が行う無料相談を試してみるのがいいでしょう。家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、いきなり知らない相手に不倫調査をしてもらうのは、どうしたって不安なものです。安心のために探偵を雇うのですから、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。
テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。
そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのはあたりまえでしょう。
探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。
申請が認可されると認可番号が交付されます。正規に開業している業者か、違法な業者かは、番号を見れば判断がつきます。大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号があるかどうかはチェックするべきです。不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。もちろん、やっかみで言っているのではないです。
どう言い繕ったところで自分の幸福のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、ばれたら終わりと不安な思いをして生きていかなければいけないでしょう。不倫相手と結婚したって、再び不倫にならないとも限らず、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。
不倫というのは一生続けられるものではありません。
不貞行為を責められた挙句、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならない場合も当然あるでしょう。また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりする場合もあります。金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。
持ち歩いていて何かと便利なスマホ。
しかしそれが元で配偶者に浮気がバレてしまったというケースも増えています。
スマホが主流となっている今、SNS履歴やメール、フリーメールあたりに配偶者の不倫の証拠が隠されている可能性は高いです。
ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、不倫の証拠はスマホの中にあると思っていいでしょう。明らかな浮気の裏付けがとれない限り、訴訟では苦戦を強いられるでしょう。
どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定することがあるからです。そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。
思いこみで裁判に負けることは不本意ですよね。
ですから、あらかじめきちんと調査しておいたほうが良いでしょう。
子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、浮気してしまいました。
子育てが落ち着くまではと、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。外出、電話、メールが増えて、すぐ主人にバレて、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払う羽目になってしまったのでした。
たちの悪い興信所にあたってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。営業所に話をしにいった際、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは要注意です。
一度断ったのに、しつこい電話勧誘がくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。
誠実な探偵業者はそんなことはしないはずです。
W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、実親や配偶者に妊娠を望まれたことが意外に多いです。本来大事にすべき相手を騙していることに後ろめたさを感じるようになったり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに嫌気がさしてきたりするようです。
それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、ここぞとばかりに別れることに積極的になるでしょう。困ったことにダンナの浮気は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。
それも結婚する前からと合わせると浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。終わったものまで糾弾する気は既にありません。浮気は男の甲斐性ですか。
それって本能なんでしょうか。
まさか、ですよね。
許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる自信もまったくないですし、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。
調査業者を選定するときに気になってくるのが、支払い面でのことです。
一応の目安を掲げている会社もあるものの、時間や手法によって変わってきます。浮気の調査のときは、1時間の調査だったとして、一般的には2万円台と考えておくとよいでしょう。
まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。ふつうの金銭感覚でいうと、不倫調査で探偵を利用するコストは安いとは言えません。割安だからと安易に業者を頼んだものの、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、無駄遣いもいいとこです。
結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。しかし、高額な代金を請求するところが調査能力が高いかというと、それは実に悩ましいところです。
夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。たとえば、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。
要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、家計のことで責めることもしません。
男の人のプライドを大事にして、外見にも気を遣い、女らしいふるまいを心がければ心が離れることもなく、浮気もないと思うのです。
私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。
浮気と不倫。
違いがあるのをご存知ですか。不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、肉体的な交渉がある場合をさします。
こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに代償として慰謝料を請求することが可能です。相手が油断している間がチャンスです。
探偵業者に依頼して、パートナーの不倫の証拠を握った上、多額の賠償を請求することによって現実を見せ、きっぱりと別れさせることにも役立ちます。
興信所や探偵社で行う浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。
証拠がなければ調査料金の請求もなくて、得だと思う人もいるかもしれません。
しかし、不倫そのものがないのではと思われるときや、普通より調査に時間がかかりそうな場合は引受できないということもあるようです。
当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに高額な請求が来ることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。
やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう例も少なくないようです。不倫現場を見つけられて、しばらく自粛状態が続くのですが、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っている可能性だってないわけではありません。
思い当たるフシがあれば、探偵を頼むなどして、きっちり不倫の裏付けをとり、懲らしめてやるといいでしょう。
夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。
つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、両方の家族同士で話し合った末、最終的に離婚という結論が出ました。これから女手一つで、この子たちを養っていくのです。
夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士さんを頼み、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由でクビにするというのはできません。
とはいえ、就業規則上の、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為というところに抵触すれば解雇もないわけではありません。実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、それ以上の処分にはならずに終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。不倫していると受け応えでも見抜くことができます。いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。人間はウソをつくときほどカラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。
短い質問なら簡単に答えれば良いのに、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。
やましいと感じていると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。
目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘は簡単にわかるものです。
ホームズやポアロは別として、探偵といえば、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。
調査対象に内密に行動を追い、依頼された証拠を得るまで調査するのです。調査していることがバレることはほとんどありませんが、追跡する側はターゲットの行動を予測しておかなければなりません。相手の不定型の行動に迅速に対処するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありません。
誘われたからとか遊びだったとか言い訳しても、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、高くて当然です。配偶者の出方次第で違ってくるでしょうが、家庭が滅茶苦茶になったり、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。
不倫はバレたら最後。金銭的にも社会的にも代償を支払い、償わなければいけないのです。
探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をやってもらうことはできませんから、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、お金を溝に捨てるような事態になる危険性もあります。後悔しないために、利用者のクチコミ等をチェックして誠実そうなところを選ぶことです。
不倫の調査は調査対象が身近な人間なわけですから、露見しやすいですし、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる危険性もあります。
探偵社に頼めば、幅広い年齢層の調査員と、対象を警戒させずに不倫調査を行う技術があるので、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に浮気の裏付けがとれるでしょう。
裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。もしかして元カノかと、携帯の履歴を見ようとしたのですが、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、手も足も出ませんでした。
かくなる上は探偵の出番かとも思うのですが、主婦の財布には痛い出費です。
実家に話して借りるかと思いつつ、思案中です。パートナーに浮気され裏切られた人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。
専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。
不倫という許しがたい理由でパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるという相談もしばしば聞かれます。
それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。
結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、時々見かけます。
物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。
ただ、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは非常に難しいです。
調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。
探偵社に不倫調査を依頼する際、個人情報を教えるのは気が進まないと思うのはよくあることです。依頼に先立っての相談段階では個人情報はなくても大丈夫な会社も多いですし、まず聞いてみることが大事です。
ただ、仕事として依頼する際はどのような会社でも契約が必要です。
ある程度の個人情報が知られることは了承していただくほかありません。

浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることはできます。戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。親子関係では非常に重要な手続きとなります。
認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、家裁に訴えることもできます。
子供ができないうちに関係を解消できなければ、長い将来にわたって多大な支出を被る危険性があります。
知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても勇気が要るものです。本名を名乗るのが嫌でしたら、匿名での問い合わせや相談に応じているところも多いですから、とりあえずそこで相談し、信用のおける業者であることがわかってきたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくこともできるのです。
不倫をやめた原因としてもっとも多いのは、配偶者への暴露です。
とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのはそう簡単なことではありません。
探偵や興信所などノウハウのあるところに浮気調査を任せることにすれば、安全かつ堅実でしょう。
しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、どうしても本人次第になります。
夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。
しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、双方の親も交えて話し合い、いよいよ離婚という運びになりました。育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養っていくのです。感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士の方にお願いし、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、安全のために公正証書を作成しました。
最近の探偵業者は、タダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところも少なくありません。
大事な案件を発注するのですから、時間をとってでも利用しておきたいですね。その会社の対応状況などを判断するのにはうってつけだと思います。専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を整理することもできます。
探偵に調査を依頼するときには、平均的な価格というものを知らないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。時間あたり1万円程度を計算しておくと間違いありません。
行動調査の時間を増やせば、費用はかさむので、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。不倫調査で興信所を利用するなら、平均的な料金は調べておいたほうが良いです。不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところもあるからです。
それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、よくわからない諸経費や天候割増など、多数のオプションが付加されることもあるため、依頼する前にオプションを含む料金体系を、納得がいくまで確認すると良いでしょう。探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは不倫(の疑い)の素行調査です。
なんとなく行動が怪しいから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。
とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠の精確さが大事ですから、探偵に依頼するのが賢い選択でしょう。
フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。
対象にそれと悟られないよう移動を共にし、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。
察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、調査員は対象の動きを先読みして予測しなければいけません。相手の不定型の行動に迅速に対処するのが探偵の仕事です。
探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが総コストではないでしょうか。調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって変動してきます。
浮気の調査のときは、1時間の調査だったとして、一般的には2万円台と考えておくとよいでしょう。
まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、直接、業者に価格を問い合わせてみることが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で調査をすることも、ないわけではありません。
追尾調査、張り込みは基本ですし、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査などもするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。また、社外秘として教えてくれない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。
一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。
100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。
どう言い繕ったところで自分の幸福のために、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情がばれたら終わりと不安な思いをしてやっていくのですから疲れるでしょう。一度不倫を経験してしまうと、いつまた不倫に発展するかと思うとストレスは相当なものでしょう。広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、どこが良いやらピンとこないのがあたりまえでしょう。探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、申請が認可されると認可番号が交付されます。
まともに届出を出している会社なのかは、番号を見れば判断がつきます。
だからこそ、そこのサイトや営業所、広告、チラシに認可番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。
配偶者が浮気する理由として多いのは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったからだそうです。言葉は違っても結局はそれみたいですね。また恋愛対象になってみたいという気持ちが不倫行為の都合の悪い部分を打ち消してしまうのです。
そういった事態を避けるには、二人でいる時間を作り、自分たちが不安なこと、不満なこと、いろんなことを確認しあうのが必要ではないでしょうか。たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。
安易に一社に絞り込まず、多少面倒でも複数の探偵社で調査費用の見積りを出してもらうのをおすすめします。
それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、データとして用意するか、メモなどで整理しておくと、調査時間の短縮になる上、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。
不倫相手の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくること事体、ありえないことではありません。
慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、向こうが離婚したかどうかで当然ながら差があります。離婚「しそうになった」からといって慰謝料として高額な金銭を要求されたら、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するべきです。当事者としては悪気はなくても、自らがした不倫の償いは、けして安くはありません。
パートナーがどういう態度をとってくるかによって大きな差が出てくるとは思いますが、家庭が滅茶苦茶になったり、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。
軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、これからを生きていかなければなりません。探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしに依頼することはできないので、誠実な会社に頼むべきです。
安くて良かったからと依頼したらスタッフがアルバイトで、未熟な調査能力のせいで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルを招くおそれがあります。
そんな状態を避けるために、契約する前にネットの評判などを調べてみて、評価の良いところから選ぶのがコツです。はからずもご主人の浮気が露見した場合、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気を鎮めることを優先しましょう。
どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、離婚と慰謝料なども勘案しなければいけません。相手と話し合いの場を設け、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか相談することをおすすめします。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。
意外とそんな人は多いです。
しかしそこまで重たく感じることもないと思います。
離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、動かぬ証拠を握っておいたほうが、メリットはあるはずです。もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、白黒つけたいと思うなら、探偵に相談することを視野に入れても良いのではないでしょうか。
旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。
気をつけるべきなのは、相手を否定しないこととかですね。要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、妻として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。男の人のプライドを大事にして、身仕舞いに気をつけ、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、心が離れることもなく、浮気もないと考えているのですが、甘いですか?一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、調査対象が身近な人間なわけですから、追跡が発覚しやすいばかりか、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる可能性も想定しておかなければいけません。
探偵業者でしたら、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に浮気の裏付けがとれるというものです。調査がバレてしまっては元も子もないのですから。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫の有無を調べる追跡調査です。とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをご説明しましょう。一般的な浮気調査では、依頼人から提供された対象情報を参考に追跡します。
いわゆる「尾行」です。
四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。
夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。相手が誰かだけでも知りたくて、チェックしてみましたが、こともあろうにしっかりロックされていて、何も得ることができませんでした。言い合いになるのも虚しいですし、今こそ探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、二の足を踏んでいます。
勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、仕事を辞めさせることはできないのが現実です。
そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、まあ現実では訓戒程度で、処分といえるほどのものはなく済んでいるようです。
先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、今回が初めてというわけではないようです。結婚する前からと合わせると浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。
くやしいですが、知る気力も起きないのが現実です。男の人の浮気って本能なんでしょうか。
まさか、ですよね。謝られてもこれから一緒にいる価値すらないような気がして、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで不倫関係を解消させるまでいったのに、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、メールや着信履歴などで浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。大抵の場合、前回の浮気での対処が手ぬるかった可能性も高いので、累積として一層厳格な処置が必要でしょう。
探偵も企業である以上、調査をしてもらうときは料金がつきものです。
もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに支払い額が変わってきます。
尾行調査だって、ある程度まとまった時間を要します。ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかでコストテーブルは変わってくるため、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、必然的に費用は多くなります。
業界で名の知れた会社が絶対的に優秀だとは言い切れませんが、探偵業者の場合は大手のほうが後悔することが少ないと思います。
小規模な調査会社の中には調査も満足に行わないうちに代金の支払いを求めてくる会社やコストテーブルの説明すら濁すところもないわけではありません。また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、依頼する上では参考になるでしょう。どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返す根絶しがたい面を持っています。
ひそかに不倫しているところを見られて、しばらく自粛状態が続くのですが、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っているかもしれないのです。思い当たるフシがあれば、調査を探偵社に依頼して、不倫の証拠をおさえて、決着をつけるべきです。