探偵業者に回ってくる依頼の多くは浮気の行動調査ではないでしょうか。奥様の第六感的にあやしいから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなどニーズに応じた調査を行います。
とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、証拠の精確さが大事ですから、その道のプロを利用するのが良いでしょう。
調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、そうでもないです。
全国展開している大手などではクレジットカードでの決済に対応しています。
利用明細にはそれとわからないような表記を採用している会社も多いので、カードの使用明細によって探偵を頼んだことがばれるおそれがないのが嬉しいですね。
カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。
やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。
少し手間でもネットを使えば、各探偵業者の利用者のクチコミが出てくるはずです。
自分が住んでいる近くで満足度の高いところを選んで、依頼すれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、その成果も期待できます。
不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、平均的な料金は知っておくべきでしょう。
個人情報を元に違法な請求をふっかけてくる事業者に引っかからないためにも必要なことです。
そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、規定外作業や割増時給だの、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるので、あらかじめ料金については、しっかり確認させてもらうようにしましょう。不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は興信所や探偵社ごとに変わってきます。
安易に一社に絞り込まず、多少面倒でも複数の探偵社に見積りしてもらうことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。
それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、データとして用意するか、メモなどで整理しておくと、効率良く調査できるので、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。
浮気が判明したら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。
しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。時には裁判を起こさなければいけないケースもあるので、そうなれば弁護士に相談し、なるべく円満な解決を目指すと負担も軽くなるというものです。不倫していたことが問題になって離婚するときに揉めて、離婚調停にまで発展することもしばしばあります。家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して離婚のための意見調整を行うため、当人たちだけよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済むという良さがあります。
緊張せずリラックスして臨みましょう。
私ではなく職場の同僚の話です。
奥さんが浮気していて、不倫相手に裁判を起こしたいのだそうです。
結構マジメな話です。
わからなくもないですが、それには相応の費用もかかるでしょうし、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、慰謝料を求めたうえで、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと提案してみました。
不倫の証拠をおさえるための素行調査は、探る相手が顔見知りですから、調査していることに気づかれやすい上、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない可能性も否定できないのではないでしょうか。同じことでも探偵に依頼すれば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに浮気の裏付けがとれるでしょう。
裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。
子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、お付き合いを始めました。まあ、不倫ですよね。
長らく子供と家庭だけを軸に、まったり主婦ライフを送っていたため、挙動があやしいと、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚する羽目になってしまったのでした。
浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、単調な結婚生活が嫌だったということに集約できるようです。
異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが不倫を美化してしまうところもあるようです。
怒ったところで逆効果ということもありますから、双方の言い分を尊重し、お互いに何が不満なのかを話してみて、認識するのも大事です。これから配偶者の浮気について、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。しかし安さの根拠も定かでない会社は注意が必要でしょう。
安いけれど調査品質もそれなりだったという例もあるわけですし、お金を払って依頼するなら、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかも調べておくと良いでしょう。配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかを明確にしておくのが重要です。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかを区別して、伝えておく必要があります。
依頼している(期待している)内容によって、微妙に調査内容が異なってくるので、あらかじめ明確にしておきましょう。浮気と不倫。違いがあるのをご存知ですか。いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と肉体的な交渉がある場合をさします。
ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料の支払いを求めることができます。探偵を頼んで不貞行為の証拠を押さえ、不倫行為への慰謝料を要求することで懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つことにも役立ちます。
もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気を鎮めるよう努めましょう。
いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚とか、そうなると慰謝料の請求についても考えておく必要があるでしょう。面倒でも双方で会う時間を作り、これからどうするかしっかり考えていくようにしましょう。
なんとなく不倫の気配を感じたら、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。
その際、証拠となるものは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を得るのは不用意なトラブルに発展しかねませんので、代わりに探偵社に依頼することも候補に入れておくといいかもしれません。探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえばこれといってないと思って良いでしょう。
探偵業を営むという点で変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。
ですから、不倫の調査をしてもらう分には、同じものと思っていただいて支障はないでしょう。ただ、ある程度、得意不得意なども調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、そのあたりはおさえてから契約したいものです。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫関連の調査です。
探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で解説します。
調査方法の基本としては、まず、調査対象の追尾を行います。
何日も調査しても経費がかさむだけですから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、証拠を入手します。
探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。
浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。
理由は、やはり精神的なストレスでしょう。
どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、精神的な疲労や不信感、無力感などをかかえこみやすくなり、やがてそれがウツにつながるのですね。
そして、裏切られた配偶者もまた、情緒不安定や不眠などの症状が見られます。
困ったことにダンナの浮気は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。
それも入籍する前から何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。
根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気性って言うじゃないですか。それにしても本能なんでしょうか。まさか、ですよね。一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす意味がわからなくなったので、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。
興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、会社の大きさによる違いも無視できません。全国各地を営業エリアとしているところは、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。
著名な探偵社は調査員はもちろん内勤の相談員などの教育にも積極的でそうしたところが調査報告書に反映されてきます。
探偵がしている仕事(行動)として、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。相手にわからないよう行動を見守り、依頼人の求める証拠を見つける調査です。
露見することはまずありませんが、探偵は調査対象者の行動をある程度、見越しておく必要があります。
どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが「ごく普通の探偵」の業務です。以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、そこでポロリと不倫が発覚したケースが増えています。
配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新しているときは、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっている可能性が高いです。相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫をしているかどうかの判断材料にもなりえます。
再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでもなにげに不倫に進展することが本当に多いです。
かつて好きだった人と気軽に喋れたり、元クラスメイトということでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。クラス会や同窓会後に相手の様子がおかしければ、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。
パートナーに不倫行為が発覚すると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。不倫行為の証拠があれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。だいたいの支払額ですが、50万くらいから何百万円までと幅があるようです。
自分に払える額でなさそうだったら、分割期間の変更や減額を頼んでみることはできます。
結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。27歳の公務員(男)です。一年前に結婚し、同い年の妻はパートで病院の受付をしています。
情けない話ですが、先週、彼女の不倫がわかりました。
こっちは怒り心頭なのに、指摘された妻のほうは逆ギレで、翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。
これでは夫婦の意味がないですよね。
悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。
謝罪も反省もないなら、はっきりと手を打たせてもらいましょう。
探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。
しかし、不貞行為の調査などで成果をあげるには、一定レベル以上のスキルが要求されます。
そういった教育に配慮がないところでは、教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあるそうですし、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。
費用対効果があるプロフェッショナルが調査することが結果を出す近道です。
探偵社の調査員になって5年目ですが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠です。
その上、突発的な事態に対し、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。
不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、常に細心の注意を払うことがプロの探偵です。
浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、妻にとっては人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。
その許す事ができない行為を好き放題にやらせておく理由はないはずです。
不倫の証拠収集というと色々ありますが、やはりスマホや携帯電話ですよね。メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。
最新技術の普及により、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。
GPS機能つきのスマホを使用させることにより、かなりの精度で今いる位置を知ることができます。非合法な方法ではありませんし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、GPSが役立つかもしれません。